トップ

不動産購入に関するローンの審査

不動産の購入は担保ローンを組むことが一般的です。ローンには審査基準があり、借りようとしている人の職種や年収によっては審査落ちになる可能性もありますので、不動産の購入前に自分の属性をしっかりと押さえておくことが重要です。一般的に属性が高いとされる人は、医師や弁護士などの高収入が見込める人、また安定的に収入が得られる公務員です。これらの人はよほどのことがない限りは、審査に通ります。次に高い属性となるのが一部上場企業などの大企業や有名企業の社員や銀行員となります。中小企業の会社員や自営業者などはやや審査落ちの可能性が高くなります。審査基準は銀行によって多少の違いがありますので、審査落ちをしても別の銀行では大丈夫というケースもあり、諦めないことも大切です。

不動産担保ローンの審査基準とは

不動産担保ローンの審査基準では、担保価値が最も重要になるというイメージがありますが、実は年収や職業も重視されることがあります。たしかに、銀行としては借金を返してもらえなくなっても、借金の残高以上の価値がある担保を入れてもらっているならリスクがありません。しかし、ローンの返済は本人の収入からしていくわけですから、本人に安定した収入があるということも重要です。担保に入れている不動産が大きく値下がりしてしまうことも考えられますので、リスクがゼロというわけでもないからです。無職でも借りられる可能性があるといわれているものの、希望の金額を借りるためには職種や年収も重要になるということです。

↑PAGE TOP

Copyright © 不動産のローン審査の現状. All rights reserved.