トップ / 借入をする際の注意点

不動産担保ローンの担保価値

借入をする際、金利や借入可能額、返済期間などの条件を左右するのは借り手の信用力と、その対極にある貸し手の回収リスクです。 不動産担保ローンは、担保となる資産を提供することで信用を補完し、低金利や大きな金額など、より有利な融資を受ける手段です。 ローンの審査基準では、万一返済が滞った場合に、不動産を売却して回収することを予定するため、実際の市場価格の100%までは評価できません。 売却時期によって価値が変動するほか、仲介手数料や、譲渡益が出れば納税も必要になるため、担保価値は時価の6割から8割程度の間で決定します。

不動産担保ローンの審査とは

不動産担保ローンの審査基準では、担保価値が最も重要になります。無職の人でも借りられる可能性があるのは、担保を提供することで信用を上げているからです。例えば、500万円を借りるときに1000万円の価値のあるものを担保に入れたら、銀行にとってはリスクがほぼゼロでお金を貸すことができるので、審査に通る可能性が高いです。もちろん、銀行によって審査基準は異なるので、多くの場合に年収や職業なども重要になりますが、担保に提供する不動産の価値が重要であることに変わりはありません。希望の金額を借りられるかどうかは、総合的な信用で決まることにも注意しましょう。

↑PAGE TOP

Copyright © 不動産のローン審査の現状. All rights reserved.