トップ / 底地とは借地権付きの土地

底地とは借地権付きの土地です

賃土地所有者は土地の所有権と利用権を持っています(完全所有権)。しかし、更地で所有する土地を第三者に貸し、借りた人がその土地に建物を建てた場合、所有権はそのままありますが、利用権を失った状態になります。一方、土地を借りた人は土地を利用する借地権を得る代わりに地代を支払う義務を負います。土地所有者には地代を徴収できる権利が残り、これが底地権です。建物が建ったまま土地を売買することはでませんので、「不完全所有権」とも呼ばれます。

↑PAGE TOP

Copyright © 不動産のローン審査の現状. All rights reserved.