トップ / ローンの審査基準は厳しい

潔白な債務者が不動産を所有する

審査基準は担保ローンの態様しだいで変化しますが、しばしば共通しているのは他社からの借り入れの有無です。完済できていないけれども新たな資産を得ようとしている債務者が登場したとき、二つ返事で保有する不動産を販売するお人好しは少ないです。他社から借り入れしているということは、担保ローンの約束と二重で返済する義務が課されます。審査基準が厳しくなるのは温情が感じられる一方で、頑なに契約を結ぼうとしないで不動産の所有権の変動を起こさないほうが一般的です。安全でない契約を結ぶ義務はありませんから、債務を皆無にしなければ話し合いの幕は上がりません。

不動産担保ローンの審査基準

不動産担保ローンの審査基準では、他社からの借り入れが年収と同じくらい重要になります。例えば、年収が800万円の人は経済的な信用があるので、高額なお金が借りられるというイメージがあります。しかし、もしもこの人に年間600万円の借金があったとすればどうでしょうか。年収200万円の人と同じ生活を強いられることになってしまうので、借金などはしている余裕がないはずです。不動産担保ローンに申込みをするときは、なるべく他の借金は完済しておいて、不要なクレジットカードやカードローンは解約をしておくことで審査で有利になります。

↑PAGE TOP

Copyright © 不動産のローン審査の現状. All rights reserved.