トップ / 借り入れ基準金額とは

不動産の担保ローンについて

不動産の担保ローンは担保物件に見合った金額の借り入れができるという利点があります。このローンの審査基準は主にその担保物件の公示価格や基準価格にあります。また借りる人の返済能力も審査基準となります。ただし不動産を所有しているだけでローンを組むことができるという点に重きを置いているので、それまでのローンの経歴は実際にはあまり問われることはありません。このような点から担保ローンは非常に使い勝手の良い借り入れ方法とされていて、他の方法ではなかなか借金が難しい人にとっては大変便利なローンの方法と言われています。

不動産担保ローン借入の審査基準

借り入れ可能額や金利など、融資の条件は借り手の信用力で決まります。審査基準は、収入を基に返済する能力があるか、万一収入からの返済が滞った場合に、確実な回収ができる担保があるかに加えて、過去のクレジットカード利用の経歴を通じて積み上げた信頼(=クレジットヒストリーといいます)があります。不動産担保ローンは、この中の、万一返済が滞った場合の担保として不動産に抵当権を付けることで、借り手の信用を補完し、低金利や、より大きな金額、長い返済期間などの有利な条件で融資を受けるための仕組みです。審査にあたっては、収入、担保価値、金融取引の経歴を総合的に評価します。

↑PAGE TOP

Copyright © 不動産のローン審査の現状. All rights reserved.